iPhone 3G の商品満足度

| | コメント(0) | トラックバック(0) この記事をはてなブックマークに追加

 iPhone 3Gは言わずとしれたソフトバンクの携帯電話。ものすごい人気アイテム。キーパッドを無くしタッチパネルのインターフェイスを主体としたデザインが特徴的で、現在入手は困難を極めます。
じゃあ運よく手に入れられた人は大満足かというとさにあらず。
 価格.comのiPhone 3G紹介ページを見てみよう。2008年7月23日現在、人気アイテムランキングはぶっちぎりの1位。しかし満足度は……約 3.6 ほど。ありゃん、ちょっと低いんじゃないの?
評価が高いのは、デザイン、メニュー、画面表示の項目でそれは最も期待した部分だろうからそこの満足度が高いのは良い。評価が低いのは、バッテリー、文字変換、レスポンス、ボタン操作、通話音質。これらの項目がトータル満足度の足を引っ張ってる。でもこれって携帯電話、通信端末としての基幹部分なのでは? そしてこういう鳴り物入りのコンピュータ、ソフトウェアに付き物の初期不良の数々。ソフトウェア開発を生業としているオレから見たら今は100万人デバッグ期間にしか見えないのです。
 かつてiTouchが発売された頃に個人輸入でiPhoneを入手して悦に浸っていた友人曰く「デザインは3日で慣れ、タッチパネルは1週間で飽きた」だそうです。洋服みたいに毎日違うものを身に着けるわけじゃないのだからそりゃ飽きるわな。
だいたいタッチパネルなんて手の脂がついたら感知しずらくなるしなにより押す頻度が高いボタンまでそんな入力装置にしたら絶対使いずらいはず。iPhoneは確かに魅力的だけど、いま使ってる携帯の代わりにするにはちょっと役不足。だから2台目の端末としてiTouchのほうがオレは欲しい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: iPhone 3G の商品満足度

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-wiz.com/mt/mt-tb.cgi/10

コメントする

このブログ記事について

このページは、マピロが2008年7月23日 13:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バロンドリロンド最終回とココナッツピリオド」です。

次のブログ記事は「シマシマと孤独のグルメ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14