Google独自のブラウザ「Google Chrome」

| | コメント(0) | トラックバック(0) この記事をはてなブックマークに追加
 ついにというかようやくというか巨人Googleの独自ブラウザが発表されました。
その名も「Google Chrome」
現在(2008/9/3)ベータ版が公開されています。


 早速インストールしてみました。
発表されたばかりだしベータ版だし、結構すんなりダウンロードできましたよ。で使ってみた。
 当然タブブラウザなんですが、タブがウィンドウの最上部にきます。FirefoxやIEでは、メニューバーがあって次にアイコンが並んでてアドレスバーがあってリンクバーがあってここでタブが並んでメインウィンドウという構成が一般的。Google Chromeはタブが全ての機能の最上位に位置するというイメージ。確かにタブごとにアドレスバーがあるのが感覚的に正しいね。デファクトスタンダードになってた既存のレイアウトを崩すのは勇気がいると思うんだけど、これは巧い。

 セキュリティに関しては、マルウェアやフィッシングサイトのリストを常にダウンロードして強化するらしい。脆弱性に関してはこれから見つかってくるでしょう。証明書関連については素人に検証は無理なので、高木浩光先生あたりにお任せします。

 肝心のブラウジングですが、レンダリングエンジンはWebKitを使用。これはsafariにも使われてるAppleで開発してるオープンソースのhtmlレンダリングエンジンの総称。うーんそうですか。どれだけシェアを獲得できるかによるけどまあGoogleだしそこそこいくよね。そうするとこれからhtmlを書くときはGecko(主にFirefox)やTrident(IEとかSleipnir)だけじゃなくWebKitでも動作検証すべきな理由が増えたなあ。めんどいなあ。
まあそれはさておき、ウェブページの表示はなかなか速いです。Firefoxを2から3にしたときずいぶん速くなったなあと感じたものだけど、それに引けをとりません。

 それからブラウザ中で稼動するソフト環境のグーグル・ギアもあることだしシナジー効果が見込めるかもね。
なにしろオープンソースとのこと。個人でプラグインを作るひとがいっぱい出てきそうだね。オレもちょっとそそられるよ。
正直現状ではFirefoxでできることの10分の1もできそうにない。ベータ版であることを差し引いてもまるでインターネットを始めたばかりの頃のようなシンプルさ。Google Chromeの説明マンガでシンプルもコンセプトのひとつであると謳っているけど、もうちょっとなんとかして欲しい。

 あ! なんか使ってたら今変なことに気付いた。textareaタグの入力ボックスの右下をドラッグすると入力ボックスの大きさが変えられる。び、びみょう...。ページのレイアウト崩れるし。
オレ、自分で縦にだけ引き伸ばせるようにするJavaScriptのライブラリとか作ったのにこれのせいで横にもびょんびょん伸びちまう。ウェブサイトのレイアウトでやっちゃいけないことナンバーワンの「THE 横スクロールバー」が出てしまったじゃないですかあぁ、ってこのブログ元からでとるがな...。や、そのうち直すので...。ダメなことには変わりないし...。というかこれスクリプトのほうで無効にできるのかなあ。できるとしてもそんなのに個別対応するのやだなあ。

 というわけで、インストールはしてみたもののすぐに使えるかというとまだまだです。ベータ版でこれは当然だし、セキュリティ的に考えても一般には使わないほうが無難。
でも正式リリースで不満点が解消されたらもう一度使いやすさをFirefox3と比較してみたい。
検索まわりでは他のブラウザに真似できない機能を期待します。
それにしてもアイコンが気味悪い。ポケモンとか捕まえられそうだ。

そんな感じです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Google独自のブラウザ「Google Chrome」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-wiz.com/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする

このブログ記事について

このページは、マピロが2008年9月 3日 11:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今週の『バクマン』」です。

次のブログ記事は「ブログのレイアウトを調整」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14