2008年10月アーカイブ

 浦沢直樹の『BILLY BAT』は、同名の劇中劇である「BILLY BAT」というスパイもののマンガをそのまんままるっと第一話とする手法で、第一話だけではマンガ家を主人公とした作品であると気付かない。だから「あれ? ひょっとして浦沢直樹は新境地開拓しようとしてる? すげー!!」とか思ったんですが、浦沢直樹はやはり浦沢直樹でした。

 webのディレクトリ構造をちょっといじったんですが、その修正漏れの影響で『ニンテンドーDSリスト』ページのカート機能でエラーが出てました。いまは直ってます。昨日気付いて焦りましたよ。全部チェックしたはずなんだけどなー。あれー。

 検索ワードリストのページはとりあえず無くす予定。作ってはみたけど思ったほど面白くなかったですしね。データだけじゃね。データを使った何か、じゃないとね。映画のランキングだけはデータの羅列だけでもちょっと面白いかなと感じたんで、何らかの形にしようかなと思っていますが、まあそれとは別に他のページを作ってます。

 何かというと、コミックに特化した検索ページです。
そんなに目新しいものじゃないんですが、キーワードで検出された全商品からさらに細かくフィルタリングしたリストにしたり、出品者をそろえて送料安く買えるリストを作ってみたり、まあそういう感じのサービスです。
コンセプトは「大人買い」。現在7割くらいの出来ですかね。
例によってAjax使ってるのですが、なんか動的なページっぽくて既に気に入ってます。

そんな感じです。
よしなに。

 『バクマン』が面白すぎる件について。
すごい。恋愛沙汰の修羅場という解決までに最もページ数がかかる...というかそれだけで1本かけるほどのネタがたった7ページで終了!!
見吉がミサミサで岩瀬が清楚高田ですね。わかります。というかシュージンが月として女子ふたりのビジュアルもそれぞれ似せているところがニクイ。最初っから狙ってたねこりゃ。

 もしシュージンが月ばりに計算しつくすヤツだったら、マンガの取材として二股かけるだろうなあ。絶対に。
しかし「オレが悪い」「よし殴れ!」ってそれでチャラにしちゃう時点でミサミサ、じゃなくて見吉は捨てキャラ確定なんですが...。読者にだけ涙を見せた高田...じゃなくて岩瀬の方が気になります。男子読者としては当然です。はい。そしてこれも作者の掌の上だと思うと...嫌いじゃないぜ。

 『じごぷり』は『げんしけん』の木尾士目がアフタヌーンで連載中の子育てマンガ。
いわゆる萌え絵の画風で、とある姉妹が新生児からの子育てに奮闘するというストーリー。ストーリーといっていいのかは微妙だけど。というのも新生児の最初の1~3ヶ月の育児って、いつ終わるとも知れない地獄のような日々だからね。だから"地獄のプリンセス"で「じごぷり」なんだけど。
連載開始当初は合法的におっぱいを描くためのマンガだとかなんとか揶揄されてたけど、授乳時に張ってて血管が浮いてたり、赤ちゃんがちゃんとくしゃくしゃのサル顔だったりと、オタさん達に伝わるメディアでの育児マンガって感じで期待して読み続けてますよ。

 『イリヤの空、UFOの夏』Vol5と6が届いたので早速観たよ。
今回で最終話まで。
面白かった。うむ。
 ただ原作ありきのアニメで、内容はまったくいじられていない。もう気持ちいいくらい原作どおり。
文庫に掲載されていた外伝的なサブエピソードが無い分、世界観に奥行きの足りなさが残る。あくまで小説のイメージを補完するためのアニメで、これを観る前にやはりまず原作を読むべきだなあ。
個人的には満足してます。

 秋山瑞人には『E.G.コンバット』を完結して欲しいんだけど、原作つきだしまあ無理だろうなあ。『ミナミノミナミノ』も続刊は無理かなあ。どうかなあ。
ライトノベルには恐怖の打ち切りが存在するっぽいからなあ。

 東野圭吾原作による直木賞受賞作品『容疑者Xの献身』を映画化したものです。
TVドラマ『ガリレオ』の続編(?)に位置する作品ですが、ドラマを見たことがなくとも違和感なく入り込め、ラストまで緊張感を保つ目の離せない傑作に仕上がっていました。
オレはレンタルを含めて月にだいたい4~6本程度の映画を観ますが、これほど良質のミステリー映画はなかなかお目にかかれない。絶対に観たほうがいい。
以下、ネタバレありの感想です。

 『ニンテンドーDSリスト』ページを公開した際にやると言っていた『AmazonDS検索』ページのAjax対応をしました。
レスポンスの悪さは承知の上で作ったもののやっぱりレビュー数の多く統計の信頼性が高い商品ほどページアクセスがストレスになる、というのは仕様として問題ありすぎでしたね。

 『バクマン』が全然失速しない件について。
もう普通に学園ものとして面白い。奇をてらう必要はないよなー。この安心感はベテランならではなのだろうか。それともジャンプの歴史という重厚な背景があればこそなんだろか。
持ち込み2回目で入賞候補とかまあマンガなのでな。このくらい夢がないとマンガ家を目指す人口が増えないのかね。
ここ数年のトレンドはメジャーよりも同人、ですからね。

 『ニンテンドーDSリスト』のページを早速更新しました。
これまでアクセス時に必ずAWSにクエリを発行していたのですが、タイトル名やメーカー名など情報として固定しているものについてはAWSにアクセスせずにDBから表示して、価格や在庫状況をページ表示後にAWSに問い合わせるという方法にしました。
ページ表示までの時間はかなり早くなったと思います。

 今回『ニンテンドーDSリスト』のページを公開したわけですが、まあいろいろとJavaScriptの勉強になりました。
教本に書いてあることを頭から覚える、とかいう修得の仕方はしてないので、そういう正統派的に修得した方にとってみたら何をいまさらみたいなことも多い感じですがね。
object型とArray型の区別とかね。
var array = [];

var object = {};
の違いですね。
JavaScriptにおける連想配列的なものの扱いについてようやく自分なりに腑に落ちたところがあったので、今まで便利なのに恐ろしくて使えなかった for in を今回初めて使いました。

 『ニンテンドーDSリスト』を公開しました。
その名の通り、ニンテンドーDSのゲームタイトルを検索するページでございます。
えーと、では簡単にプレゼンをば。

・任天堂本家のサイトに掲載されているタイトルはすべて掲載されています
・Amazon Web Service を使って、Amazonに出品されている商品を新品、中古でわけて最安値の商品を表示します。これらはカートに入れることができます
・AmazonDS検索と連動しました。検索結果に対してレビューとレビューの有効性ゲージを表示できます
・キーワード検索が可能です。キーワードにひっかかるのは今のところ、タイトル名、メーカー名、レビュー内容、それからオレが独断と偏見で追加したワードです。たとえばタイトルの英語表記をカタカナで検索できるように、とかそういう感じ。全部は網羅できてないですが
・発売日指定、ジャンル指定での検索ができます。キーワードとこれらをあわせた条件で検索します
・特典付きの商品(初回限定など)を検出できます。これは半分くらい手動でリストを更新する部分があるので、出てこないものもあるかもしれません。というかきっとあります。見つけたらコメントでも残しておいてもらえたら追加します
・このページに関してはAmazonDS検索がAjaxです。具体的には読み込みの進行具合の表示とその間ページが固まることが無いです。エラーでもでなければ

こんな感じでございます。


とりあえず、つかりた。ここ数週間はこれにかかりっきりでブログの更新も滞りがちになってしまいましたな。特に先週はほとんど書いてない。
『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』とか面白すぎ的なことも書きたかったんですがねー。作り始めたらどうも夢中になってしまっていかん。
あ、リンクはさっそくリストのページへとびます。ちょっと使ってみてください。

では、よしなに。

 先々週にタイトル検索ページを作成中と書きましたが、データベースの整理がなかなか終わりませぬ。
DSの全タイトルを網羅せねばならないわけですが、限定版とは廉価版とかどのタイトルにどれだけ派生して出ているのかとか、むしろ廉価版しか出てないとか、特定のサイトからの通販のみの販売であったりとか、ジャンルのチェックとかもういろいろとやることがあるわけですね。
でも着実に進んではおります。
今週...来週中にはリリースしたい気持ちでいっぱいです。

 『ニンテンドーDSi』がニンテンドーのオフィシャルHPで発表になりました。
カメラが付いて、GBAスロットが無くなって、画面が少し大きくなって、バッテリーの持ち時間が少し減りました。
SDメモリーカートスロットがあってDSiショップに接続して、Wiiのようにソフトをダウンロード購入できるようです。
カメラは外側と内側(現行のDSでマイク入力があるところにレンズ)の2箇所にあるので、単純にデジカメとしてではなくTV電話的な使い方が見えてきますね。
DSi専用ソフトもあるとのことですが、おそらくゲームタイトルではないんじゃないですかね。
オレはGBAのゲームもやるんで、というか『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』『ユグドラ・ユニオン』を挿してプレイすると出現する隠し要素の立場が...。
とりあえず欲しいですけどねー。

このアーカイブについて

このページには、2008年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14