今週の『Bloody Monday』『おせん』

| | コメント(0) | トラックバック(0) この記事をはてなブックマークに追加
 『Bloody Monday』はいま三浦春馬主演でドラマの放送もされているけど、原作のマンガのほうもまだまだ物語の途中。血の月曜日の全貌はなかなか明らかにならない。 ドラマの方も毎週欠かさず見てるけどこっちではようやく教祖様とテロリストの関係性が明かされ始め、ついに藤丸の友人からブラッディXの感染者が! 観客の引き込み方がすごくうまいドラマです。ここまでの展開で誰がテロリストかって原作読んでればわかるんだけど、それでも息が詰まる感じはすごい。 この先はネタバレ。


 先週号でアンコが実は「K」だったという衝撃というかぶったまげる事実が明かされたわけですが、っつーかテロリストどんだけはびこってんだよって感じです。
なんかアンコはモノローグがついたとたんにそれまでのイメージが完璧に覆されてものごっつい腹黒キャラになっておる!
その豹変ぶりに怖いというより笑った。いや破綻してるってほどじゃないんだけどね。そして当然ながら「J」も生きてた。
来週! 感染るや? 感染らざるや!?(チガウ)

 『おせん』が再開です。
もーーーーーー待ったよ! ようやくイブニングが買ってもいい雑誌になったよ。
中断して長かった鰹節編の結末。なんだかこのところの現実の金融不安とかけて「投資で濡れ手に粟」よりも「汗水流して物作り」を見直しましょうよ、というメッセージにも見えた。
いくら良い物でも卸値3倍で買い取るなんてのはやりすぎじゃあ、と思わないでもないけどね。でも二度と手に入らない今は亡き伝説の職人の本枯節であるなら高い買い物じゃないってことなのかもしれん。値がつけられない品ってのはあるからね。
 そして今回の名言、「頂がなければ裾野は存在しない」。
どんな物でも頂点とする最高級品が良い物であるからこそ、安価な普及品が存在できる。利益のみを追求した果てに頂点を切り崩してしまったら裾野は裾野でなくなってしまう、と。
...昔うちもばーちゃんが鰹節を削ってたなあ。子供だったからあの香りは嫌いだったけど。今だったらどう感じるかな、と思っても近所に売ってるのは削ってパックにしたアレ。なんでも便利ってのは侘しいね。

『Bloody Monday』を大人買い
『おせん』を大人買い

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今週の『Bloody Monday』『おせん』

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-wiz.com/mt/mt-tb.cgi/78

コメントする

このブログ記事について

このページは、マピロが2008年11月26日 15:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『コミック ラノベ 大人買い』ページを更新」です。

次のブログ記事は「今月の『おおきく振りかぶって』『ぢごぷり』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14