今週の『ハチワンダイバー』『ひまわりっ』『特上カバチ』『リアル』

| | コメント(0) | トラックバック(0) この記事をはてなブックマークに追加

 『ハチワンダイバー』はドラマからマンガに入ってきた人っているのかね。絵は結構キワモノ系だし、この破天荒ぶりはライト読者にはキツイんじゃないの? それはさておき久々のダイブだったわけですが...受け師さんこんなとこで何やってんスかー! ああ夢ですかそうですか。今までに無いパターンのダイブだな。
と思ったらなんか菅田が受け師さんモードで受けにまわったよ? ギニュー隊長か? もう何でもアリだな。もはや将棋マンガですらない。そりゃ元々か。将棋というより勝負師の奔流人生ジェットコースターって感じのマンガだもんな。
ま、面白けりゃOKだよ。『ハチワンダイバー』は面白い。良し。

 『ひまわりっ』は前回に引き続きシリアスな展開。どうしちゃったの!?
ケンイチが言い放った「元気で」は普通だったらいわゆる本当のさよならの言葉で、そして物語の流れとしても自然で何この緊迫感、って感じなんですがね。言ったのがケンイチですからね。ヤツのボケナスぶりはビッグバン級。落ちを期待してしまう。とか言ってると裏の裏をかかれてホントにアキコとケンイチ終了みたいな展開も無いとはいえないのが恐ろしいところ。
目が離せん。

 『特上カバチ』はテーマがテーマだけにたまーに発生する事件が起きました。
小山内が田村に依頼してきた内容に関する金額の多寡が少なかったことと女絡みで保証人というキーワードが出てしまった時点で、もう死亡フラグたってたね。
よりによって田村は第一発見者になってしまって、彼は大丈夫か? 自分がとどめの一言を突きつけたようなもんだからなあ。
このあとどういう展開になるんだろうか。もう田村のやれることって無いと思うんだけども。

 あと今週号は『リアル』が掲載されてました。
久信の隣のベッドに来たプロレスラーが久信の床トラックを見て感嘆。そしてアスリートらしく自分の現状の確認とゴールの設定。そして目標期限まで宣言してしまう。
レスラーのおっさんの強さは、どう取り繕っても社会的弱者となった自分を見据えてちゃんと前向きな目標に向かって進んでいける心の力。
そういう強さを持った他人を久信は認められるのか。それとも自分の方が重い障害であることを理由に逃げてしまうのか...。
「強い」ってなんでしょうね。

そんな感じです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今週の『ハチワンダイバー』『ひまわりっ』『特上カバチ』『リアル』

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-wiz.com/mt/mt-tb.cgi/71

コメントする

このブログ記事について

このページは、マピロが2008年11月14日 17:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JavaScriptでDOMの要素置換を行う」です。

次のブログ記事は「『イナズマイレブン』『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』をプレイ中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14