今週の『日本沈没』『バクマン』『喧嘩商売』

| | コメント(0) | トラックバック(0) この記事をはてなブックマークに追加

『日本沈没』を大人買い
『喧嘩商売』を大人買い


 スピリッツ連載中の『日本沈没』はラスト2回!
あ、映画のことは忘れてあげてください。あれは物語の骨組みを拝借しただけで原作マンガとはテーマが違います。
前号の最後で小野寺がトリップしちまって、ひょっとして心象原風景語ってジエンドか!? バカな! とか思ったんだけど無事帰ってきました。
それにしてもメタファーのごった煮という感じで極まってきた。そして漲ってきた。
ここでエヴァまで持ってくるとは恐れ入った。それともドラえもんの「どくさいスイッチ」かな?
物語の枠を物語の中から超越するという手法は古典だけど(勇者特急マイトガインとかねw)、最近では全く見かけなかったので温故知新的に良い感じだ。作中で藤田和日郎とか生々しい名前がでて噴出したよ。
現実の日本は沈没しないから、どうしようもないどん詰まりにきてしまっていてリセットできない国は...。というくだり。ペシミストでなくとも現実を見るとそういいたくなるのはわかる。オレもそんなネガに飲み込まれないよう無意識的に必死だ。

 現実世界は経済悪化で世界同時株安と雇用不安。これってようするに恐慌が起きかかってるってことだよね。失業した派遣労働者が溢れたら本格的に落っこちる。『エンゼルバンク』では日本企業は不況に強いって言ってるけど、その根拠は人材育成システムに拠った意見なので、派遣切りで乗り切ろうと画策してる現実には全くあてはまらない。奇しくも財界の総理たる経団連会長が経営するキャノンが、大量解雇を発表したことで証明されちゃった。
まあ日本企業全部じゃないだろうけど一側面を唯一の真実みたいな描写で垂れ流すのはどうなの? これ読んで元気出せよ、ってこと?
 それに温暖化。『ココナッツピリオド』はー、山田節炸裂! って感じでオレは嫌いじゃないんだけど、やっぱりナイフギラギラって感じでアニキ、初心初心! 忘れてるよ! みたいな。米国大統領とサッカーて...。もしもボックス物語ですか?
もう温暖化対策で頑張ってる人にスポットをあてたルポマンガにしてみてはどうか? 『絶望に効くクスリ』を探す旅を再開してほしいのはオレだけだろうか?
激しく脱線しました。小難しい話はもっと専門的に書いている人がいるよね。失敬。
 そんなわけで『日本沈没』、次回で最終回です。
小松左京とは違う"現代"の日本が沈没する、という未曾有の珍事を前にした日本人とそれを取り巻く世界の化学反応を描いた問題作。
単なる災害パニックものではないスペクタクル!
どう決着をつけるというのかー!?

 次! 少年ジャンプ連載の『バクマン』!
ようやくライバル同士が顔合わせ! というか新妻エイジが凄さを見せつけつつもサイコーとシュージンを認める回。
『ダイの大冒険』で言うならデルムリン島で初めてまみえたダイとハドラーって感じ? わかんない? わかんないなら読んで。泣くから。
というか新妻エイジってLだよね。もちろん『DEATH NOTE』のLです。
私生活はさておいて、これだけ偏った才能ってホントに存在するのか? って思うけど、いるとこにはいそうだなとは思える。少なくとも頭の中にできてるネームを小一時間で起こせるくらいのひとはいるよね。
それにしても亜城木夢叶(あしろぎむと)ってペンネームようやく覚えた。新妻エイジが口にしたからだな。

次! ヤンマガ連載の『喧嘩商売』! 十兵衛大ピンチ! ...あー、なんかもっといろいろ書こうと思ってたのに日本沈没で張り切りすぎて力尽きた。 とりあえず試合中はギャグモードが影を潜めているので、全く違うマンガみたいだな。 十兵衛はここからが強い! 次号!

そんな感じです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今週の『日本沈没』『バクマン』『喧嘩商売』

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-wiz.com/mt/mt-tb.cgi/89

コメントする

このブログ記事について

このページは、マピロが2008年12月16日 17:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「Yahoo! JAPAN Tech Blog」で紹介された形態素解析APIを「笑うヤカン」で使ってみる」です。

次のブログ記事は「今週の『バクマン』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14