今週の『バクマン』『アイシールド21』

| | コメント(0) | トラックバック(0) この記事をはてなブックマークに追加

『バクマン』を大人買い
『アイシールド21』を大人買い

 連載会議の巻! 結果待ちの受験生ってところですか。
これまで読者が見ていたのは金未来杯だったわけだけど、世間はもっと広いということで受賞者以外にも当然連載の候補はいるわけです。
こういうのを見せるあたりがバクマンのいいところ。
たとえばドラクエで自分たちのパーティーが他の勇者パーティーに先を越されることはないわけだけど、世界観的には他にも活躍してるパーティーがいるのが普通。自分たちが特別な血筋という設定だったとしても、ぐずぐず経験値稼ぎしている間に無名の勇者が先に魔王を倒しちゃったとか。そういうのがありなんだなあ。

 シュージンとサイコーのコンビは主人公で、関わった人たちはライバルで、じゃあそれ以外は主人公に出会わなかったから連載フラグ無しかっていうとそうじゃない。
お前がしている努力は他の人もしている。そんなことは当たり前のことだからわざわざ言わない見せないだけなんだよと。
サイコーとシュージンが主人公として特別な点があるとするなら「自分はこんなに頑張ったんだから」とは絶対に言わないこと。言ったとしたらそれを恥じること。亜豆もそう。なぜならその言葉の後に続くのは「認めて欲しい」という他人任せの甘えだから。それを言っていいのは脇役か観客だけだからね。
オレは観客だから言う。あんだけ盛り上げたんだから連載にしてやって欲しい。だって週間連載編が楽しみすぎるじゃないかw

 『アイシールド21』はヒル魔と阿含のドラゴンフライが炸裂! アメリカチームを追撃! まだ正体が明かされない謎のマスクマンが雲水だとするなら、阿含・雲水・ヒル魔のゴールデンドラゴンフライも出ると見た。 かつて阿含・雲水・一休で繰り出した時はさすがに一休がQBとして満足に働いてなかったけど、ヒル魔だとどうなっちゃうんでしょーかね。

 ドラゴンフライはQBがタックルを受けまくるというチームにとって諸刃の刃以上に危険な作戦で、そのリスクはヒル魔が被るんだろうなと思っていたら阿含がターゲットに。
試合を楽しみ始めた阿含がMrドンにタックルされかけたとき、ヤツらしからぬモノローグが入る。
自分に起こるであろう破壊の力を神速のインパルスで分析する。そしてまるでキッドの諦観にも似た諦め。だがしかしその窮地を救いに走っていたのは、阿含自身が鈍重なデブとバカにし続け自分を助けるはずはないと思っていた栗田だった。
個人能力に固執し続けた阿含の価値観が変わる。パラダイムシフト。
ヒル魔が声をかける。
「ないもんねだりしてるほどヒマじゃねえ あるもんで最強の闘い方探ってくんだよ 一生な」
一生な、とは一般論だろうか、それとも何かふたりにしかわからない過去があるのだろうか。
まだまだドラマが隠されてそうで目が離せない。

そんな感じでーす。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今週の『バクマン』『アイシールド21』

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-wiz.com/mt/mt-tb.cgi/125

コメントする

このブログ記事について

このページは、マピロが2009年4月14日 11:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今週の『バクマン』『アイシールド21』」です。

次のブログ記事は「『迷宮街クロニクル2 散る花の残すもの』発売!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14