2009年7月アーカイブ

『バクマン。』を大人買い
『ONE PIECE』を大人買い
『あしたのジョー』を大人買い

『バクマン。』は今後の展開が全く読めません。
入院してまでも原稿を書き続けるサイコー。ああ、美しいねえ。苦しそうに「うっ!」とか言いやがって。死んだらもっと美しい。伝説にもなれるぞ。
サイコーの蛮勇に引きずられて亜豆もシュージンも担当編集の港浦までもが、なし崩し的に執筆活動を止められない始末。
一貫して止めていたのは母親のみ。
「ほどほどにね」「ほどほどで済むわけありません!」よくわかってる。さすが母親。
ほどほどになって何とかなるもんなのか? 週間連載ってのは。
まったく......「止めろなんていえねー」とか言ってる場合じゃないよ。

知っている方は何をいまさらとお思いでしょうが、ワタクシ『figma ドロッセル』を大興奮で待ち望んでおきながら、発売日をバッキリ失念しており我が家にドロッセルお嬢様をお迎えできず、再販の発表にまたしても大興奮するも数量限定のため予約できず、失意に追い討ちをかけられ枕を濡らす日々を送っておりました。
作品について詳しくは『ファイアボール』の番組ページを見るとよろしいでしょう。

『ONE PIECE』を大人買い

すでにジャンプが出てから1週間近く経ってますが......今週の『ONE PIECE』は、熱くなりました。
や、ストーリーは進んでないんだけどね。
海軍大将3人、王下七武海、がそろって白ひげか海賊団を待ち受ける!
大将赤イヌは初登場!!

そしてエースが処刑台に......。
そこで元帥センゴクから明かされる衝撃の事実!
どびっくり。

『極悪がんぼ』を大人買い
『ヘルプマン』を大人買い
『とろける鉄工所』を大人買い

 『極悪がんぼ』が最終回を迎えました。
金子は市議としては新人なわけだけど、事件屋としての腕前がどこまで政治の世界で通用するかっていうヒキ。
神崎は秦所長に筋を通しに行った。金子との繋がりも切れてないということで約束を反故にしていないという理屈は一応通っている。秦がとってきた地盤固めの戦略を同様に行って成功したということで秦にしてみれば面白くないみたいな。
で、まあ一応区切りといえば区切りなんだけど、完結した次のページに"終わらない!"とでっかく告知。
新シリーズとして何がはじまるかは明記されてないんだけど、まあ『カバチタレ!』が『特上カバチ!』になったくらいの変化でしょうな。終わらないってことでまあよかった。

夏コミに向けていっそがしいこの時期に、『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』を買ってしまいました......。
ドラクエはオレのソウルゲームなんですよ! 仕方ないんですよ!
そして持って返ったらヨメに奪われたんですよ!
その足でコンビニにチャリ飛ばしてもう一個買ったんですよ!
いやあ、セーブ領域1個商法侮れないわー。
 ま、買ったとはいえ夏コミ用のタイトルがマスターアップしないと安心して遊べないんでね。
自重しつつ息抜きで遊んでます。
内容は、まあドラクエだなあ、という。なんなんでしょうねこのドラクエ感は。どこから醸し出されてくるんですかねえ。

『バクマン。』を大人買い

 サイコーは結構大変なことになったね。肝臓一部切除とかキッツイなあ。
というかなんでそんなことに???
3ヶ月も休載したら忘れられてしまうぞ。
そして編集部では高校生の連載は控えたほうがいいという大人の事情フラグも立ってしまった......のか?
ともあれ打ち切りの憂き目にあったらば18歳までにアニメ化という夢は叶わないわけで。どうなるんでしょうかね。ほんとに休載するのか? うーん。
 サイコーは死んでもペンは離さないくらいの勢いだったけど、これは川口たろうの過労死という最期をなぞってるわけだよね。
でもサイコーには川口たろうには居なかった相棒と直接応援してくれる亜豆がいる、と。
今回の入院、休載の流れはおじさんとの決定的な差異を描くためのイベントということだよな。
だとすればやっぱりここは休載されてしまうのか......。

『バクマン。』を大人買い

 サイコーが倒れました。
以上。
というか、このところサイコーが見せていたハイテンションはこの伏線だったか。今週は特に目にクマが目立ってたから、こりゃ体調崩すかと思って読んでたらやはり......。
診断の結果は来週にもちこしだけど、まあ過労か脱水症状か栄養失調ってところでしょう。
10代で過労にはならんだろうけど。もしなったらヤバすぎるペースだったってことで、やはり高校行きながら連載はサイコーには無茶だったってことでしょう。

『大東京トイボックス』を大人買い

 『大東京トイボックス』の4巻がでました。
マサがぶっちぎった次元転換システムは依田が代わって開発。仕様を満たすクオリティに達したもののスケジュールは5週間の遅れ。
それにしては冷静な依田の態度は、呆れかそれともいつものこと、ってことだろうか?
どちらにしても太陽と依田はダメダメだけど。
いや、ダメだろう部下がチャレンジしている最中にセーフティネットを張らないと。
マサが離職する道を驀進してしまったのは、お前らの管理能力の無さが原因だ。
そもそもマネージャー同士のコミュニケーション不足って致命的。
でも、なあ。ゲーム開発者として生きてきた人間に「管理能力」。求めるほうが間違ってない? とも思う。
もちろんできる人もいるんだろうけど。
上司なんだからできるできないじゃなくてやれよ、ってこともわかるけど。そこはハイスペックを期待してやるな、と。

このアーカイブについて

このページには、2009年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年6月です。

次のアーカイブは2009年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14