『世界樹の迷宮III 星海の来訪者』三竜戦

| | コメント(0) | トラックバック(0) この記事をはてなブックマークに追加

レッドパサラン増殖狩り旨すぎる。
といっても火力が微妙に足りてないので、毎ターン1匹とまではいかず、ちょっと苦労しつつだけど。
最終構成に向けて休養しつつも、平均レベル66程度まであげた。

アンドロを外してウォリアーが入り、ショーグンのサブをウォリアーに変更。
モンクのサブをビーストキングにして、プリンセスのサブをファランクスに。

アンドロを外したのがとても不本意ながら、チャージしての前陣迫撃砲術は強かった。
ダブルアクションでおまけの一撃が入った時の嬉しさは異常。
やることが単純だから、戦い方を間違えることも少ない。

というわけで、以前話にならないくらいの敗北を喫した三竜にリベンジ。

[前衛]
ショーグン/ウォリアー 大武辺者、チャージ、五輪の剣
ウォリアー/バリスタ 狂戦士、チャージ、前陣迫撃砲術
モンク/ビーストキング ヒーラー。ドラミング。ビーストロア。懐炎拳

[後衛]
シノビ/ゾディアック ダークエーテル。先見術。アイテム使用
プリンセス/ファランクス 各種号令。挑発。ディバイトガード

まずは雷竜。
こいつはこっちの強化枠が7つ以上になる行動をとると、呪われし遠吠えで強化消去・呪い・即死という酷いとしか言いようがない攻撃をしてくる。
他にも麻痺攻撃やHP吸収回復と、いわばバランス型万能戦闘力を持つ。あ、もちろん対策しないと即死級ダメージのサンダーブレスもね。
鉄則として陣形禁止。ブレスが来る可能性のある初っ端と5の倍数ターンには必ず先見術。

前衛に攻撃の号令。これで3枠。ショーグンは大武辺者。ウォリアーは狂戦士。これで5枠。プリンセスが挑発。これで6枠ぴったり。
リミットスキルはウロボロス。
モンクはドラミング。
状況によってはプリンセスの挑発が切れたらブレイバントを火力のどちらかにかける。
プリンセスは挑発したら大武辺者のかかってるショーグンをディバイドガード。

恐ろしき竜牙(全体ランダム攻撃)はショーグンからプリンセスに吸い寄せられてほぼプリンセスだけがもらってくれる。
ダメージ対策として強斬の護符を装備しておく。これで集中されても死なない。パリィもある。
麻痺はモンク、あるいはシノビにかかったら最優先で治す。

麻痺する可能性のある竜の鉄槌。これは壊属性なので圧壊の護符を装備しておく。
これだけ準備してあとはチャージして五輪、前陣迫撃砲術をぶっ放すだけだ。

基本はHP維持を優先。焦って回復を怠らない。ブレス対策も忘れない。
地道に頑張る。
そして、30ターン近くかかってなんとか撃破!
最大レベルが80までになった。が、そのまま次の竜退治へ。


炎竜。
ヒイラギさんとフルベさんは炎竜倒したらもう会えなくなっちゃうんだよなあ。エトリアから出張ご苦労様ですw

炎竜は自身に強化をかけて、こっちの足を縛って、本来は低命中率のはずのドラゴンビートを使うという容赦ない火力を持つお方。
強化枠の制限もないし、こっちも最大火力を維持。雷竜戦での強化に加えてブレイバントを使っていく。
そしてヤツの強化を打ち消しながら戦うということになる。

プリンセスには圧壊の護符をふたつ装備。
脚縛りの回復を無視しつつ、ドラゴンビートの集中砲火を集めて耐える。なんという男前。

スタンに我慢しつつ攻撃を重ねる。
ビーストロアで火竜の攻撃力を低下させる。

すると後半おかしなことが起き始めた。
低下した攻撃力を復活させようと火竜さん、火竜の猛攻(攻撃力アップのみ)を使い続けてる...。
これは、ビーストロアを毎ターン撃つだけでここからは完封なのでは? ブレスよりも優先しやがる。

たまにレッドファングとかしかけてくるけど、8割がた火竜の猛攻を使ってくれて後半は楽勝モード。
遠慮なく入念で贅沢な強化を乗せ、最大火力を叩き込んで撃破!
うーむ...。いいのかそれで。


最後。氷竜。
こいつが、長かった。結果からいうと50ターン以上かかった。勘弁してくれ。

とにかく厄介なのはアイスクラッシュ。全体頭封じでモンクがしっかり封じられた日には立て直すのに数ターンかかるよ。
さらに対策が面倒なのがアイスシールド。シールド張った瞬間にダメージが一桁って...。
HPが減ってくると氷河の再生で毎ターン最後に回復するという硬さ。これはひどい!
プリンセスのリセットウェポン必須。

ただ、基本的には固い相手をジリジリと削っていくという感じ。
頭縛り→先見術使えない→ブレスhage!
という流れに気をつけて、シノビにディバイドガードをかけたりすればそうそうhageる展開にはならない。

竜乱錐は痛いけど、挑発とディバイドガードで耐性アクセサリー装備のプリンセスに集中させるという、雷竜炎竜と同じ対策でうまくいく。
ただ、アイスシールドがウザすぎてリセットウェポンを毎ターン撃ちたいという衝動にかられて、つい挑発とかディバイドガードとかを怠ったターンに、結構崩されたりする。

焦らず。じっくり。大事。

氷竜のゲージが赤くなった頃、時間はかかったけどこれはもう安定だな。長かった。全員HP減ってるけど次はブレスのターンだし、ウロボロスは温存してパーティーヒールにしとくか...、プリンセスも攻撃の号令で強化優先でいいだろ、と油断したのが運のつき!

竜・乱・錐!!
ばかなー!!

前衛全て死亡!
パーティー半壊! やだー!

そうだよ油断=hageが世界樹だったじゃないか。おのれ小森さん!
甘く見てごめんなさい。ここからhageるのは勘弁してください。

幸いシノビは分身してて手数は3つ。
ネクタル2→モンク、ネクタル2→ウォリアー、マドラ2をプリンセスが使用。
虎の子のマドラ2だ、これでなんとか...。

アイスシールド。
助かった!!
なんとか立て直した!

ここからたっぷり5ターンかけて戦線維持。
その間かなり回復されたけど仕方ない。もう油断しないぞ!

ということでラストスパートなぞしないと心に誓ってなんとか撃破。
仕合いに勝って勝負に負けたって感じか...。

しかしこれでついにアレが買えます。
真竜の剣!
まあこのパーティーでは使い手はいないけどね。

いやあ、さすが三竜。手ごわかった。そうこなくては。

さて。
あとはクエストボス、大航海クエストボス、そして6層の裏ボスが残っている。
とりあえず、パーティー大改変かな。

なぜこのタイミングw

や、アンドロを入れないとね。
あと三竜戦をやってひとつわかったことがある。
プリンセスはふたり必要。

構想はすでにある。
(オレの)要望を全て満たす(オレ的に)完璧な構成だ。ようやく最終パーティーが見えてきました。
乞うご期待w

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『世界樹の迷宮III 星海の来訪者』三竜戦

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-wiz.com/mt/mt-tb.cgi/200

コメントする

このブログ記事について

このページは、マピロが2010年5月24日 13:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『世界樹の迷宮III 星海の来訪者』6層へ」です。

次のブログ記事は「『世界樹の迷宮III 星海の来訪者』4週目へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14