stay hungry, stay foolish. の真の意味と宮崎駿

| | コメント(0) | トラックバック(0) この記事をはてなブックマークに追加

最初に謝っておきます。
すみません。
これから偉そうなことを書きます。

さて "stay hungry, stay foolish."
ジョブズ氏のスピーチの中にある言葉です。
ハングリーでいろ。バカでいろ。

これはスタンフォード大学の卒業式での言葉です。
まずそこが大事です。

いいですか、シリコンバレーの中心に位置し西のハーバードとも言われる世界でも屈指の名門、かのスタンフォード大学の卒業生に向けられた言葉です。

その卒業生たちがfoolであることなど本来あり得ないはずです。
でもジョブズ氏は stay foolish と言った。become foolish ではなく stay foolish と。

おかしい。
それではまるで優秀な卒業生たちがすでに fool みたいじゃないか。


ま、ほんとの愚か者でいろと言ってるわけじゃないです。
日本語にもありますね。ある種の尊敬を込めて、マジバカ、と呼ぶことが。

マジバカというのは、何かをつきつめすぎて他人からは眉をひそめられるものの、同種の人間からは「ちょwwwおまwwやりすぎwwwwww」みたいに草を生やされつつも敬意を表されるような人種です。

シリコンバレーは何の街ですか。
もちろんエレクトロニクスとハッカーの街ですよ。
ジョブズもウォズニアックもシリコンバレーでガレージカンパニーを始めたんです。
ハッカーの街にあってこその、stay foolish だと思うわけです。

ま、しかしなにもハッカーでなくとも意味するところはわかります。
満足するな。常にマジバカでいろ。
いいね。
そういうの大好きだ。


さて一方、iPhoneはキャッチコピーでいうところの魔法のような革新的なデバイスです。
そもそも小難しいブラックボックスだったコンピュータをクリック一発で世界と繋げてみせた大魔法の直系の子孫、iPhone。

だれでも使えます。
なぜならそういうふうに作ったから。

誰もかれもツールをハックしなければならないなんでバカげてます。foolishです。
だから普通の消費者はそれでいいんです。
むしろそうあって欲しいんです。

スマートフォンの使い方がわかりません。
これって何に使ったらいいんですか。
でもみんな持ってるし私も欲しい。
「よくわかんないけど欲しい!」

これこそが、もうひとつの stay hungry, stay foolish. です。
愚かで貪欲な消費者でいろ。
あなたでもiPhoneなら魔法が使える。
これさえ買って毎月数十ドル払えば大丈夫なんだよ、と。

ジョブズ氏はスタンフォード大学の卒業生にハッカーとしての心構えと同時にAppleの願いをも込めた言葉を贈っていたわけです。

さて、ここで宮崎駿氏のiPadに対してのコメントを引用したい。

"あなたが手にしている、そのゲーム機のようなものと、妙な手つきでさすっている仕草は気色わるいだけで、ぼくには何の感心も感動もありません。嫌悪感ならあります。その内に電車の中でその妙な手つきで自慰行為のようにさすっている人間が増えるんでしょうね。電車の中がマンガを読む人間だらけだった時も、ケイタイだらけになった時も、ウンザリして来ました。"


資料探しの道具として使いこなせば良いのでは? という質問の流れで、時間をいただけるなら、文献を調べて取り寄せることもiPadで出来ますというインタビュアーの言葉に対して、


"あなたの人権を無視するようですが、あなたには調べられません。なぜなら、安宅型軍船の雰囲気や、そこで汗まみれに櫓を押し続ける男達への感心も共感もあなたは無縁だからです。世界に対して、自分で出かけていって想像力を注ぎ込むことをしないで、上前だけをはねる道具としてiナントカを握りしめ、さすっているだけだからです。

一刻も早くiナントカを手に入れて、全能感を手に入れたがっている人は、おそらく沢山いるでしょう。あのね、六〇年代にラジカセ(でっかいものです)にとびついて、何処へ行くにも誇らしげにぶらさげている人達がいました。今は年金受給者になっているでしょうが、その人達とあなたは同じです。新製品にとびついて、手に入れると得意になるただの消費者にすぎません。

あなたは消費者になってはいけない。生産する者になりなさい。"


すいません。Androidですが俺もさすってます。正直iPadも欲しいですw

しかし、iPadを痛烈に批判した宮崎駿氏のコメントにある「消費者になってはいけない。生産する者になりなさい」というのは、ジョブズ氏の言葉に通じるものがあるとは、思いませんかね。

"stay hungry, stay foolish."
ふた通りの意味ははっきりしていても、簡単に飛び越えてしまえるような脆弱な境界なんだと思うわけで、それはなにもiPad買うならアプリを作れるようにならなければならない、作らなければあなたもfoolとかそういうことじゃない。
まずはそこから自分で考える。
問題を作って答えを見つけるか作る。それがハッカー。

そんな感じでーす。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: stay hungry, stay foolish. の真の意味と宮崎駿

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-wiz.com/mt/mt-tb.cgi/244

コメントする

このブログ記事について

このページは、マピロが2011年10月17日 06:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「9-patch を使おうと思ったら No resource found that matches the given name ......というエラーが出た」です。

次のブログ記事は「メモリーやすっ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14