3DS 世界樹の迷宮4 | キバガミ戦 ~ サブクラス解禁

| | コメント(0) | トラックバック(0) この記事をはてなブックマークに追加

前回 <3DS 世界樹の迷宮4 | 第2大陸に到達>

じっくりまったりプレイ中。
すれ違い通信で世界樹プレイヤーと1日4人くらいすれ違うのがなんか嬉しいね。

でもゲストメンバーは入れたことないな。
メンバーの役割はカリカリにチューニングして組み上げるので、ひとり入れ替えるならまったく違う戦術にしなくちゃならないので、入れづらいんだよね。リアル時間で1日に1ターンだけ、追加メンバーとして入れられるとか、そういう感じならもっと使いやすかったかもしれないな。
まあいいや。


前回でミスティックが解禁になったわけですが、ミスティックつえー! と感じたのはおそらくウーファンさんが6人目として加入したからだなきっと。
いや、ミスティック強いんだけど現行のパーティーの一角を崩すには全体のバランスを取らないと無理なので、サブクラス解禁までは待っていてもらうことに。

で、第3大地の攻略を進めると第2の亜人種が。


イクサビトというケモノ系の人種のひとたちは、勇敢でお人好しでちょっと騙されやすそうな種族という雰囲気。
ワールウィンドがウロビトの巫女様を伴って登場するという怪しさ満点な演出は、逆に裏の裏で最後は良い奴というオチかもしれない可能性が出てきた。というかなんか訳アリな感じね。

どうもウロビトとイクサビトでは世界樹にまつわる伝承に食い違いがある。
どちらの亜人種も人間が創造主だということだけども、大地の断絶と長い時間によって違いが生まれたのか、そもそも立場の違いから物事の解釈が違っていたのか......。
そしてイクサビトたちに古くから蔓延する植物化の疫病。
ストーリーも気になる展開に。

病気を治す方法があるというワールウィンドにそそのかされてイクサビトたちは迷宮へ。
当然パーティーも探索に参加するわけだけども、イクサビトの代表者らしき牛頭のモノノフ、キバガミが止める。
この先は危険だから力を試すと。

キバガミ戦。
たかがモノノフひとり軽く屠ってやろうと思ったのが大間違い。
このしぶとさはやばい!

この手の相手は腕を封じてしまえば楽勝モードなんだけど、なにせうちのパーティー、封じ担当もバステ担当もいないという直球勝負すぎるパーティーなんだよね......。しまったやはりウーファンさんを入れておくんだった。


ソードマン

フォートレス

ダンサー


メディック

ルーンマスター

だが、いない人を嘆いてもしかたなし。いつも通りやるだけだ。

聖印で弱点を作りリンクと印術に追撃。
フォートレスとメディックは余計な色気を出さない。

キバガミさんは羅刹からの衝波(全体攻撃)が恐ろしいが、耐えられないほどではない。
順調に削ってとどめを刺した!
......と思ったら食いしばりで復活だと!?
しかもそのあと羅刹解除でHPがほぼ50%くらいまで回復してやがる!
うそーん......萎えるわ。
またしてもじりじり削られる展開ですか。

でも食いしばり復活は1回だけのはず。
羅刹して羅刹解除で、回復のためだけに2ターン使うなんざ火力で押し切れなくてどうする。

まったり攻撃しつつ、攻撃集中ターンを作る。
リンクプラスで着火回数アップしたリンクスキル、ダンサーのチェイス&ラッシュダンスと、出し惜しみしてたバーストスキルもバンバン織り交ぜ1ターンの与ダメを積み上げる。
そして2度目の羅刹解除をさせることなく撃破!

魔改造の入り口、サブクラス解禁となりました。
前回ミスティックが解禁になって、パーティー大改編の時間かと思ってためしにウーファンさんを入れて第3大地の迷宮に突入してみたんですが、とりあえずの加入だとちょっと運用厳しかったので、まだ入れ替えはしてなかった。

だがしかし、サブクラスも踏まえてパーティー構成プランは練ってある。
第1期パーティーはここまで。
第2期はミスティックとサブクラスありの構成。
まあ、第3迷宮のボスであるホムラミズチを倒したところでモノノフ解禁となるので、すぐに第3期にはいるわけだけどね。

今度こそ、パーティー大改編の時間w

そんな感じでーす。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 3DS 世界樹の迷宮4 | キバガミ戦 ~ サブクラス解禁

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-wiz.com/mt/mt-tb.cgi/265

コメントする

このブログ記事について

このページは、マピロが2012年7月27日 06:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3DS 世界樹の迷宮4 | 第3大地に到達」です。

次のブログ記事は「観劇『カンガルー』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14