日記: 2008年7月アーカイブ

今後スピリッツに掲載される作品。
『クロサギ』
『イキガミ』
『鉄腕バーディー』
『土竜の唄』
『とめはねっ! 鈴里高校書道部』
『逃亡弁護士 成田誠』
『LOST MAN』
『おやすみプンプン』
『RAINBOW -二舎六房の七人-』

ビックコミックスピリッツ増刊号として発売される「YSスペシャル」に掲載される作品。
『さくらんぼシンドローム クピドの悪戯Ⅱ』
『都立水商!』
『GO-ON!』
『美晴ライジング』
『超無気力戦隊ジャパファイブ』
『あんころ。~船橋若松一丁目は馬優先~』
『ドライブ・ア・ライブ』
『暁のイージス』
『タナトス ~むしけらの拳~』
『Odds-オッズ-』
『花の都』
『ビーチスターズ』
『アオイホノオ』

『Dr.コトー診療所』はビッグコミックオリジナルへ。
『魔Qケン』はIKKIへ。
『まつろはぬもの』は小学館コミック販売サイト「コミック小学館ブックス」にて配信予定とのこと。

とりあえず、クロサギ、土竜の唄、とめはねっ!、が毎週読めそうなのは朗報。都立水商!、タナトス、Odds、ビーチスターズ、アオイホノオ、は増刊号なのが寂しいが打ち切りじゃないのでまあひと安心。
絶薬は最終回を迎えたけど山田玲司は先行(?)してスピリッツで新連載『ココナッツピリオド』を連載中。
あとはえーと、あれ……『青春くん』はどうしたああぁぁ!?

 『ファンタシースターポータブル』がいよいよ明日発売です。リンクはamazonds検索のものでレビュー数が多いので表示まで時間がかかるかもしれません。
ちなみにファンタシースターポータブル商品ページへのリンクはこちら。で、ファンタシースターポータブル公式ページはこちらです。協力プレイはアドホックモードのみ。
 協力プレイといえばモンスターハンターポータブル2ndGのほうがユーザー数が多いかもしれんですね。アイディアの元は実はPSO(ファンタシースターオンライン)なんですが、アクション性が高いので敷居は若干高いかも。ところでモンハンのレビュー数ものすごい多くてAmazonDS検索だと待てたもんじゃない。修正の要アリですね。
 まあそれはさておきファンタシースターですよ。
ドリームキャストでプレイして「武器よさらば」に感動したのも遠い記憶。PSOのキャラが眠ってるビジュアルメモリが6個ほどしまってあったりする思い出のゲームです。ファンタシースターのキャラといえばネイだったのがレッドリング・リコかレイキャシールに変わりましたからねえ。良いゲームでした。
アクションが苦手な相棒とで一狩りは無理だけどこっちならいけます。家族で一緒にゲームするのにちょうど良すぎる難易度だと思います。

そんな感じです。

 今月は『ヴィンランド・サガ』に尽きるでしょう。
ビョルンが。あー…泣けるね。
アシェラッドのデーン人に対する気持ちを察した上でビョルンが求めた友情。一撃で急所を突けなかったことを詫びるアシェラッド。刹那的ともとれるバイキング達の中にあってこのふたりの間にあったドラマの壮絶さはなんだったんだろう。
ビョルンの今際にアシェラッドがかけた言葉は、およそアシェラッドらしからぬものだった。同情などあろうはずもない。それはやはり掛け値なしの真実だったと思うのです。ビョルンがヴァルハラに逝けたことだけは間違いあるまい。
 最近やたら面白いのが『百舌谷さん逆上する』
ドリフ的なギャグをマンガでやって大成功してる感じ? 連載を重ねるたびに磨きがかかっている。絵も巧いし。
 『臨死!!江古田ちゃん』も失速しないねー。なぜこんなにネタがあるのか。サムに既婚者疑惑が(笑)
 『おおきく振りかぶって』は食事の話。野球選手としての身体を作るために必要な知識について。こんなんマスターしたら栄養士になれてしまうんでないかなあ。高校野球って本気でやると凄いんだね。安心感のある面白さ。あといつ始まるかなとおもっとったら今月コイバナきた! 阿部だったか! 水谷残念。でも阿部は絶対に気付かない。あまずっぺーなー。

そんな感じです。

 なにげなく本屋に寄ったらば『シマシマ』の1巻と『孤独のグルメ』の新装版が出てました。
『シマシマ』はドラマにもなったはるか17の作者の連載。不眠症を抱える女性の為の添い寝屋の話。連載のほうではラブ話が込み入り始めて多面的に面白くなってきたところ。
『孤独のグルメ』はグルメと銘打ってはいるものの出てくるのは定食屋だったり焼肉屋だったりコンビニめしだったり、日常的な食のグルメのマンガ。うーん、グルメというか単に主人公のおっさんが普通にメシ食ってモノローグがはいるだけなんだけど。しかしまあ読んでみるとわかるけど妙なノスタルジーがあるというかメランコリックな気分に浸れます。不思議にオススメ。
今日はヤンサンとヤンジャンとモーニングの発売日ですなあ。

 iPhone 3Gは言わずとしれたソフトバンクの携帯電話。ものすごい人気アイテム。キーパッドを無くしタッチパネルのインターフェイスを主体としたデザインが特徴的で、現在入手は困難を極めます。
じゃあ運よく手に入れられた人は大満足かというとさにあらず。
 価格.comのiPhone 3G紹介ページを見てみよう。2008年7月23日現在、人気アイテムランキングはぶっちぎりの1位。しかし満足度は……約 3.6 ほど。ありゃん、ちょっと低いんじゃないの?
評価が高いのは、デザイン、メニュー、画面表示の項目でそれは最も期待した部分だろうからそこの満足度が高いのは良い。評価が低いのは、バッテリー、文字変換、レスポンス、ボタン操作、通話音質。これらの項目がトータル満足度の足を引っ張ってる。でもこれって携帯電話、通信端末としての基幹部分なのでは? そしてこういう鳴り物入りのコンピュータ、ソフトウェアに付き物の初期不良の数々。ソフトウェア開発を生業としているオレから見たら今は100万人デバッグ期間にしか見えないのです。
 かつてiTouchが発売された頃に個人輸入でiPhoneを入手して悦に浸っていた友人曰く「デザインは3日で慣れ、タッチパネルは1週間で飽きた」だそうです。洋服みたいに毎日違うものを身に着けるわけじゃないのだからそりゃ飽きるわな。
だいたいタッチパネルなんて手の脂がついたら感知しずらくなるしなにより押す頻度が高いボタンまでそんな入力装置にしたら絶対使いずらいはず。iPhoneは確かに魅力的だけど、いま使ってる携帯の代わりにするにはちょっと役不足。だから2台目の端末としてiTouchのほうがオレは欲しい。

 えー、バロンドリロンドは無事最終回を迎えました。予定調和で後半やや駆け足ながらもすっきりとした最終回だったと思います。よし。
というか、前回のエントリーでオスカークラッシュのことをオスカーラモーンと書いてしまってたね。マチガイ。ライバルはオスカークラッシュ。オスカーラモーンは父です。
 スピリッツでは山田玲司アニキの『ココナッツピリオド』が新しく始まりました。スピリッツでは『ゼブラーマン』以来。
山田令司は好みがものすごく分かれる作家。オレは好きですが。
なんというか、言っていることはしごくもっともなんだけど、たまに香ばしいのが微笑ましいというか。戦ってるなあと。でもオレは彼ほど勉強してないと思うし『絶望に効くクスリ』みたいにいろんな価値観に触れる機会も少ないので、山田玲司的に満を持しての環境問題マンガへの着手は純粋に嬉しい。
最近は活字の仕事も多いみたいだけど、マンガ家ならばマンガ家らしくやはりマンガで主張してくれと思う。
北極の氷は今年の夏で無くなる可能性もあるという。マンガというメディアでしかそういう情報が届かない人たちが世の中にはいるからこそ、マンガで戦って欲しいと思うのだ。
そんなわけで『ココナッツピリオド』。楽しみです。

 『バロンドリロンド』はスピリッツ連載中の競馬マンガ。人間の主人公は女性ジョッキーの佐倉真子。サラブレッドの主人公はバロンドリロンド。
馬の意識が台詞になっているタイプのマンガで、マキバオーとかの流れ。うそ。全然そんなんじゃない。どっちだ!?
まずバロンは真子にいろいろ話かけてバロンは話が通じてると思っている。まあ実際に人語を喋っているわけではないので真子には全く伝わっていないのだが。でもバロンは人語を理解してる感じ。このへんの世界観は不思議なんだけどなんか調和してる。バロンの言葉使いが貴族然としていてこれがまた滑稽。言うことを一向に聞かない真子にバロンは憤懣しっぱなし。
 バロンドリロンドは競馬マンガなんだけど、本質はこのふたり(一人と一頭?)の友情物語だ。
このふたりは本当によく壁にぶつかる。真子はそもそも騎乗を干されてた騎手だしバロンなんか外国に売られたりしちゃう。真子が迎えに行くんだけど。で、あてつけに他の馬に乗ったりするんだけど。簡単に再会を喜ぶようなふたりじゃない。
 最終的にふたりは有馬記念に出られることになる。
辛酸を舐めさせられたライバル、オスカーラモーンへの雪辱も果たさなければならない舞台なんだけど、実はそれはおまけ程度の要素で、未熟な者同士が互いを傷つけながらの苦難の果てに辿りついた舞台なんだな。
果たしてレースは始まるが、真子のせいで出遅れてしまう。
先行が得意なバロンにはもう勝ち目が無い展開。
バロンは場群が嫌いだ。なぜなら他の馬が下賤で野蛮で(笑)嫌いだから。だから先行馬としてレースをしてきた。しかし真子は最内へと向かう。
本来ならバロンに最内からの競馬ができるわけがないんだが、真子は隙間を突く騎乗でバロンに場群を突き抜けさせた。
「よき仕事をしたぞ」(バロン)
「…ありがたき言葉」(真子)
こんな言葉のやりとりをするシーンは初めてだが、鳥肌が立った。そもそもふたりが相互理解のもとで言葉を交わすことはなかった。馬と人間だからね。真子がこんな殊勝なことを言うこともなかった。だからこそ第1話からの全てのエピソードがこのふたことだけの会話に集約された。なんたるカタルシス!
次回が最終回。見逃せますまい。

今週のGANTZ

| | コメント(0) | トラックバック(0) この記事をはてなブックマークに追加

いきないマンガの話題ってのもどうかと思うがまあいい。
メジャーな少年誌青年誌はだいたい全部目を通してるんだけど今週はガンツが衝撃的だった。いきなり岡死亡のシーンな。
ぬらりひょんと派手にやりあったのにあえて結果だけを突然見せることでぬらりひょんの強さとか死が準備できないものであることとかもう含みがありすぎて唸った。
思わず読み返しちゃったよ。

そんな感じです。

思いついたことを面白そうなものから順番に作っていきます。
偽プログラマ精進中。うごきゃいーんだよ。
今はネットワークに興味津々。
ぼちぼちいきましょう。

このアーカイブについて

このページには、2008年7月以降に書かれたブログ記事のうち日記カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは日記: 2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14