日記: 2008年10月アーカイブ

 浦沢直樹の『BILLY BAT』は、同名の劇中劇である「BILLY BAT」というスパイもののマンガをそのまんままるっと第一話とする手法で、第一話だけではマンガ家を主人公とした作品であると気付かない。だから「あれ? ひょっとして浦沢直樹は新境地開拓しようとしてる? すげー!!」とか思ったんですが、浦沢直樹はやはり浦沢直樹でした。

 『バクマン』が面白すぎる件について。
すごい。恋愛沙汰の修羅場という解決までに最もページ数がかかる...というかそれだけで1本かけるほどのネタがたった7ページで終了!!
見吉がミサミサで岩瀬が清楚高田ですね。わかります。というかシュージンが月として女子ふたりのビジュアルもそれぞれ似せているところがニクイ。最初っから狙ってたねこりゃ。

 もしシュージンが月ばりに計算しつくすヤツだったら、マンガの取材として二股かけるだろうなあ。絶対に。
しかし「オレが悪い」「よし殴れ!」ってそれでチャラにしちゃう時点でミサミサ、じゃなくて見吉は捨てキャラ確定なんですが...。読者にだけ涙を見せた高田...じゃなくて岩瀬の方が気になります。男子読者としては当然です。はい。そしてこれも作者の掌の上だと思うと...嫌いじゃないぜ。

 『じごぷり』は『げんしけん』の木尾士目がアフタヌーンで連載中の子育てマンガ。
いわゆる萌え絵の画風で、とある姉妹が新生児からの子育てに奮闘するというストーリー。ストーリーといっていいのかは微妙だけど。というのも新生児の最初の1~3ヶ月の育児って、いつ終わるとも知れない地獄のような日々だからね。だから"地獄のプリンセス"で「じごぷり」なんだけど。
連載開始当初は合法的におっぱいを描くためのマンガだとかなんとか揶揄されてたけど、授乳時に張ってて血管が浮いてたり、赤ちゃんがちゃんとくしゃくしゃのサル顔だったりと、オタさん達に伝わるメディアでの育児マンガって感じで期待して読み続けてますよ。

 『イリヤの空、UFOの夏』Vol5と6が届いたので早速観たよ。
今回で最終話まで。
面白かった。うむ。
 ただ原作ありきのアニメで、内容はまったくいじられていない。もう気持ちいいくらい原作どおり。
文庫に掲載されていた外伝的なサブエピソードが無い分、世界観に奥行きの足りなさが残る。あくまで小説のイメージを補完するためのアニメで、これを観る前にやはりまず原作を読むべきだなあ。
個人的には満足してます。

 秋山瑞人には『E.G.コンバット』を完結して欲しいんだけど、原作つきだしまあ無理だろうなあ。『ミナミノミナミノ』も続刊は無理かなあ。どうかなあ。
ライトノベルには恐怖の打ち切りが存在するっぽいからなあ。

 東野圭吾原作による直木賞受賞作品『容疑者Xの献身』を映画化したものです。
TVドラマ『ガリレオ』の続編(?)に位置する作品ですが、ドラマを見たことがなくとも違和感なく入り込め、ラストまで緊張感を保つ目の離せない傑作に仕上がっていました。
オレはレンタルを含めて月にだいたい4~6本程度の映画を観ますが、これほど良質のミステリー映画はなかなかお目にかかれない。絶対に観たほうがいい。
以下、ネタバレありの感想です。

 『バクマン』が全然失速しない件について。
もう普通に学園ものとして面白い。奇をてらう必要はないよなー。この安心感はベテランならではなのだろうか。それともジャンプの歴史という重厚な背景があればこそなんだろか。
持ち込み2回目で入賞候補とかまあマンガなのでな。このくらい夢がないとマンガ家を目指す人口が増えないのかね。
ここ数年のトレンドはメジャーよりも同人、ですからね。

 『ニンテンドーDSi』がニンテンドーのオフィシャルHPで発表になりました。
カメラが付いて、GBAスロットが無くなって、画面が少し大きくなって、バッテリーの持ち時間が少し減りました。
SDメモリーカートスロットがあってDSiショップに接続して、Wiiのようにソフトをダウンロード購入できるようです。
カメラは外側と内側(現行のDSでマイク入力があるところにレンズ)の2箇所にあるので、単純にデジカメとしてではなくTV電話的な使い方が見えてきますね。
DSi専用ソフトもあるとのことですが、おそらくゲームタイトルではないんじゃないですかね。
オレはGBAのゲームもやるんで、というか『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』『ユグドラ・ユニオン』を挿してプレイすると出現する隠し要素の立場が...。
とりあえず欲しいですけどねー。

このアーカイブについて

このページには、2008年10月以降に書かれたブログ記事のうち日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは日記: 2008年9月です。

次のアーカイブは日記: 2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14