日記: 2008年12月アーカイブ

年末休みに入って気がつけばすでに大晦日。
今年も例によって宝くじは300円のみって感じでのんびりしてます。

ゲームは『エルミナージュ』を続行中。現在2週目に入ってレベルアップとアイテム探索の冒険をつづけていますよ。
マンガはー、今月のアフタヌーンでちょこちょこ書いていきたいんですが、未だ書きかけの年賀状が手元に(汗
ま、無事に年を越せそうなので一安心というところ。

そんな感じで来年もひとつよろしく。

『日本沈没』を大人買い

 さて、『日本沈没』が無事最終回を迎えました。
ぴったり3年間の連載で全130話。一色登希彦さんお疲れ様でした。最後まで楽しめました。
 「明日の愛」(テレビドラマ版『日本沈没』の主題歌)をここで持ってくるあたり、こみ上げるものがありました。
オフィシャルウェブサイトでは描ききり下手と言ってますが、最終話としてのカタルシスは十分伝わります。単行本では「間」について加筆修正したいとのこと。それもまた楽しみです。今週号のスピリッツはそれまではとっておかなくては。

 『バクマン』では引き続き凄い新妻エイジの回。
前回の即興ネームは頭の中にも無かっただとお! 新妻エイジ強すぎる。
キャラが勝手に動く、ね。
キャラが勝手に動くというのは、作者の中にキャラクターの人格ができあがっているから起こる現象のことだ。蓄積の無いキャラにそれはあり得ない。
新妻エイジの場合第2話にしてこの現象が!?
というか話はできてなかったけど、頭の中でキャラをバンバン動かしてたんだろうね。それで徐々にこういうときはこういうことを言うこういうときはこう行動するこんなことが好きでこんなことされると怒る、みたいなパターンが徐々に出来あがっていた。
これを無意識にやっていたということか。強い。強すぎる。

『ハンマーセッション!』を大人買い
『極悪がんぼ』を大人買い


 『ハンマーセッション!』は今週で最終回でした。結構好きでした。これ。
ようするに金八先生なんだけども、先生である蜂須賀(偽名)の正体は脱走した詐欺師。
クライマックスの警察に取り囲まれての最後の授業は予定調和なわけで、「オレはどうすべきか?」というテーマでディスカッションとかもう普通に面白い。

 タイトルが「いしのなかにいる」のくせして『エルミナージュ』に触れていないのはいかがなものか? というわけで地味にプレイ中のDS版『エルミナージュ』です。 どんなゲームかというとほぼそのまんまウィザードリィシステムのRPGです。 前衛3人後衛3人の6人パーティーで戦士僧侶魔法使い盗賊といった基本職の他に上級職として侍君主忍者などがいます。その他にも巫とか使用人(メイドだ)とか錬金術師とかまだいろいろ職業はありますが、基本職上級職のラインナップがあればウィズフリークには目に留まるでしょう。

『アイシールド21』を大人買い


 『アイシールド21』は話の展開が早い。やはり試合を描いてナンボだからであろう。試合中に成長したり新技使ったりするのはジャンプの王道だ。
 日本チームの緒戦の相手はロシアに決定。なんだかウェイトリフティングの金メダリストを擁するチームのようだけど、これは筋肉ダルマのかませ犬アミノ高校と同じ属性のような気が...。というかかませ犬フラグがバンバン立ってます。キャンキャン吠える犬ほど弱いからな。初登場と同時に輝かしい過去とか匂わせる=死、です。
とっとと峨王に破壊されるに一票。

『3月のライオン』を大人買い


 『ハチミツとクローバー』の羽海野チカがなんとヤングアニマルで連載中の『3月のライオン』です。
 主人公の桐山零(きりやま れい)は交通事故で両親と妹を亡くし、父親の友人で将棋のプロ棋士である幸田に内弟子として引き取られる。中学時代に零もプロ棋士に昇段する。幸田家のために自立する道を選ぶも1年遅れで高校へ入学。しかし棋士として多忙な零は休みがちだが自分には必要なこととしている
1巻は零の置かれている環境や周りの人々の紹介を中心とした進行だったんだけど、2巻は零の棋士として生きることへの覚悟とかプロ棋士として勝つことの意味とかが描かれます。
そしてもちろんそれらが零や周囲の人にもたらすドラマが本当のテーマですよ。あと自称親友の二階堂。二階堂はいいぞ。

このアーカイブについて

このページには、2008年12月以降に書かれたブログ記事のうち日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは日記: 2008年11月です。

次のアーカイブは日記: 2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14