プログラミング四方山: 2008年12月アーカイブ

 こんにちわ! 地球冷やしてる?
さて牛歩の歩みを続けております(といっても全く公開してないので知ってるのはオレだけという放置プレイ)人工無脳プロジェクト『笑うヤカン』です。
えー、プロトタイプとして辞書型を作ってみるという方針でした。
で形態素解析エンジンMeCab(和布蕪)を使わせていただいて、手持ちのテキストデータとか青空文庫とかからいろいろと学習させてみているんですが、想像していたよりまともな文章を作ってくれる確率が低い。まあ当然ですよね。ずっと研究されてる方もいるんだし簡単に出来ちゃうわけないです。
さしあたって名詞の使い方をなんとかしてやりたい。

 やっぱり人工無脳に着手しました。どこまでできるかなー。そんなに大層なものを作るつもりはないですけど。
プロジェクト名「笑うヤカン」。どーですかこのマニアックな命名w
とりあえず基本となる辞書型で作り始めてみた。
形態素解析エンジンはMeCab (和布蕪)を使わせていただくことに。

Ajaxの要であるXMLhttpRequestはもともとMicrosoftがActiveXオブジェクトとして実装したものなんですが、これにならって他のブラウザは組み込みオブジェクトとして実装されました。
IE5とIE6ではActiveXが禁止されている場合では使用できないんですが、IE7になってようやくブラウザ組み込みとして再実装されました。
実際に使う場合IE6とそれ以外のブラウザでは作法がかなり違います。(IE5は試してないのでここでは例外とします)

if(typeof window.XMLHttpRequest == "undefined"){
if(typeof window.ActiveXObject == "function"){
try {
new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP");
window.XMLHttpRequest = function(){
return new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP");
}
}
catch (e) {
try {
new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP");
window.XMLHttpRequest = function(){
return new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP");
}
}
catch (e) {
}
}
}
}
Ajax = new window.XMLHttpRequest();

これで一応IE6でもそれ以外でも動作するXMLhttpRequestのインスタンスが作れるんですが、絶妙に不便な違いがあります。

このアーカイブについて

このページには、2008年12月以降に書かれたブログ記事のうちプログラミング四方山カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはプログラミング四方山: 2008年11月です。

次のアーカイブはプログラミング四方山: 2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14