いしのなかにいるでタグ「AVATAR」が付けられているもの

『AVATAR』を観てきました。
あまりにも感動的だったので、感想を書きます。
批評とか解説じゃありません。感想です。長文です。そしてネタバレ全開なのであしからず。

あまりにも素晴らしい、というのは『AVATAR』の舞台である衛星パンドラにいたことを体感できた、という点です。キャメロン監督はこう言っています「シアターを出る客達が映画を観たというのではなく映画を体験したと言って欲しい」と。
まさにその通りになってしまって、ちょっと悔しい。だけど162分もの長時間、息もつかせず監督の手のひらの上で転がされてしまったのは事実。

しかし、キャメロン監督が14年間もの構想の果てに具現化された衛星パンドラという世界を体験するには、3Dであることが必須だと思います。そういう意味では万人向けではないかもしれない。
3D映画はこれまで何度かブームがあったけれどどれも定着はしなかった。あの煩わしい3Dメガネ、忌まわしいちらつきの疲労感。実はオレは「なんで3Dなんだよ。3Dメガネかけなきゃいけない時点で100点満点中マイナス1億点だよ。しかもチケット高いよ」とか思っていました。

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.14